運用歴約2年 職場つみたてNISAで損益額はいくらになった?

投資

こんにちは、バッキーです。

今回は2年間運用している職場つみたてNISAの

運用状況を見ていきたいと思います。

「職場つみたてNISA」とは?

「職場つみたてNISA」とは

企業と金融機関が提携して取り入れる制度で、

社員が給与天引き等により、NISA口座を活用して投資信託を積み立てる仕組みのことです。

積立貯蓄など、給与天引きでできる定期積立とセットで導入されているのが一般的となっています。

基本は通常の「つみたてNISA」と同じですが、

会社によっては積み立てを支援する奨励金を支給してくれる場合があり、

その会社にお勤めされる方限定のお得な仕組みと言えます。

私の働いている会社では月1,000円を支給してくれています。

現在の状況

私は、野村証券の「野村つみたて外国株投信」に

月33,000円(内1,000は会社補助)を2019年8月から

2年と1か月ほど積み立てており、現在は合計積立額が82,5042円となっております。

公開!職場つみたてNISAの運用成績

では実際に運用成績がどうなっているのかを見てみたいと思います。

下記が現在の口座の中身になります。

投資額評価額損益額損益率
82,50421,087,540262,498+31.82%

現在の損益額は262,498円で+31.82%となっております。

チャートで見ていると2020年のコロナショックで

落ち込んでいたものがそのあとの急激な回復によって

そのままの勢いで基準価格が上がっていったことがわかります。

僅か2年で30%以上のプラスになっているのは驚異的な数値ですね。

最後に

基本的に今の会社にいる限りは、

「職場つみたてNISA」は続けていきたいと思っています。

いい制度だと思うのですが、

私の周りではあまりやっている会社は少ないですね。

つみたてNISA 自体は長期で積立することが前提なので

この先10年、20年後にどうなっているかが重要です。

コツコツ運用を続けながら状況を見守りたいと思います。

コメント