【仮想通貨】一時は10倍の価格高騰に!日本初のIEO銘柄「パレットトークン(PLT)」取扱い開始

投資

こんにちは、バッキーです!

暗号資産取引所Coincheckで、パレットトークン(Palette Token/PLT)が 本日7月29日12時についに取引を開始しました。

PLTは、日本としては初めてのIEOとして注目されています。

IEO(Initial Exchange Offering)とは簡単に言うと株を発行して資金を集めるように、

仮想通貨を発行して資金を調達する手法のことを言います。

そのパレットトークンですが、7月1日から15日まで「Coincheck IEO」で抽選販売への申し込みが実施されておりました。

その後7月20日に順次抽選およびトークン受渡しが行われ、7月27日12時に取引開始が予定されていたのですが

なんと、 Coincheck のシステム不具合が発生し延期となっておりました。

Coincheckの発表によると、一部のユーザーに対しトークン配布の遅延や、トークン配布されず日本円が返金されてしまう事象

ユーザーの申込費用の一部(1ユーザー54円)がロックされてしまう事象などがあったようです。

そんなトラブルに見舞われながらも本日、7月29日12時についに取引を開始しました!

一時は10倍の価格高騰に

事前の抽選販売では「4.05円/PLT」で販売されていたパレットトークンですが、

上場後価格が急高騰、一時は約46円/PLTの価格をつけました。

この記事を書いている29日20時頃には20数円前後に落ち着いています。

株はオワコンになっていく?

日本初のIEO銘柄パレットトークンの発行元、株式会社Hashpaletteの代表取締役 吉田世博(せいはく)氏はニュース番組『ABEMAヒルズ』に出演した際に

「弊社で発行した仮想通貨『パレットトークン』は、仮想通貨取引所のコインチェックで売買ができる。

『株を売買するように、パレットトークンを売買する』といったことが可能だ」と語り

続けて「IEOは今後、企業やプロジェクトの成長に重要な選択肢になる。新しい企業でもサービス単位で株式を発行するように

資金調達が可能で、ユーザーを巻き込んで事業を作っていくことができる。企業とユーザー、両方にメリットがある」と話していました。

近い未来、パレットトークンや別のIEOが株にとって代わる時代がくるかもしれません。

コメント