【おすすめ漫画】民間警備会社のアウトローたちを描く「バウンサー」

おすすめ漫画

こんにちは、バッキーです!

今回は民間警備会社が舞台の漫画「バウンサー」をご紹介します。

あらすじ

主人公の獅子戸丈一郎はスジが通らないことにはすぐキレてしまう性格。

そんな性格が災いして暴力事件を起こしては次々と職場をクビになる毎日を過ごしていた。

また仕事がクビになり、クラブで一人落ち込んでいると女をしつこく誘う男を見つける

女を助けるために勢いで男を殴ってしまい、民間警備会社「東京フェスト」の屈強な男に

つまみ出されそうになる丈一郎は、虚無感と孤独感から屈強な男に戦いを挑みます。

しかし、丈一郎はあっけなくボコボコにされてしまいまいますが

その屈強な男に何かを見出され、「東京フェスト」に勧誘されることになりました。

果たして、丈一郎は「東京フェスト」でどうなっていくのか!?

主な登場人物

獅子戸 丈一郎(ししど じょういちろう)

本作の主人公

強くなり男を磨くために「東京フェスト」 入社を決意する。

鰐渕 剛志(わにぶち つよし)

丈一郎をボコボコにした屈強な男

東京フィスト社長でその実力と度量の深さから猛者揃いの社員達からの人望は非常に厚い。

バウンサーの魅力1:迫力のバトルシーン

民間警備会社が舞台の漫画のため、警護対象を守るための戦闘は日常茶飯事です。

そのため、過激で迫力のあるバトルシーンが盛りだくさんです。

途中から少しグロいシーン多めですが、アクション・バトル(喧嘩)系の漫画が好きには必ずささるといっても過言ではないでしょう!

バウンサーの魅力2:主人公:丈一郎の成長

今まですぐにキレて仕事をクビになってしまう 主人公:丈一郎が東京フィストに入社し

様々な経験を積むことで腕っぷしはもちろんのこと男としても凄まじい成長を遂げていきます。

苦難を乗り越えていくたびに成長していく丈一郎の過程が『バウンサー』の大きな魅力のです!

最後に

ここまで読んでいただいて、ありがとうございます。

漫画「バウンサー」は 現在1~11巻まで発売中です。

コメント